2014年7月28日月曜日

全日本選手権大会

年に1度の全日本選手権大会が終わりました!
今年も去年と同様、修善寺サイクルスポーツセンターで行われました。
コースレイアウトは去年とは少し変更され、シングルトラックが新しく作られていました。

使用したバイクは、Jシリーズで使用しているバイクと同じ「GLORY」で参戦しました。
タイヤはフリーライド用の軽いタイヤに、リアサスはvivid Airに変更し軽量化しました。

前日に行われたタイムドセッションは体力温存の為、できるだけペダリングはせずに伏せて走り5位。

レース当日、天気予報をチェックしたら決勝の時間にかなり雨が降る予報だったので
いつ降り出してもいいようにマッドタイヤを準備し、練習ではセミウェットに対応できるタイヤに変更し練習しました。
ここでも体力温存の為、走る本数を減らし1本を集中して走るのを心がけた。
しかし、2本目で転倒。もう1本練習行ける時間はあったがラインなどで迷っていた所は無かったし、バイクのダメージが心配だったので2本で終了しました。

予選
心配していた雨はなんとか降らずに出走できた。
予選もタイムドセッションと同様、「体力温存」を意識し走り5位。

予選が終わってから大雨になり、雷も鳴り始めた。
ここで競技が一時中断され、20分押しでスケジュールが組み直された。

決勝
スタート前にコースコンディションをチェックし、タイヤをマッドタイヤに変更。
一番の難所だった第一シングルは少しスリップしたもののなんとか持ちこたえ、全体的にまとめて走ることができた。
ゴール後、まとめて走ることはできたが、抑えて走り過ぎた部分が多かったかなと感じた。結果、トップと1.5秒差で4位で終了した。

反省点
去年の全日本の2位という結果があったが、去年の結果は去年のことであり、今年は今年で気持ちを入れ替えてレースに取り組んでいたが、知らないうちにプレッシャーとなってしまっていたのかもしれません。
あとは、抑えて走ってしまう癖です。この癖が出て良いときもあれば、出ない方が良いときもあり難しい問題点だと思っています。
なので理想としては、抑えて走ることもガッツリ攻めて走ることもできるようになる。です。
この問題は必ず解決し、もっともっと上を目指していきます!!

応援してくださった皆様、スポンサー各社様、ありがとうございました。